【手首の捻挫】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 転倒した際に手首を突いてしまい痛めた
  • スポーツで手首の捻挫を繰り返している
  • 手首をひねると手首が痛い
  • 捻挫してからシップを貼っても、固定をしても改善しない
  • 痛みで物を持つこと、掴むことが困難

捻挫は、スポーツや転倒事故などによって患部をひねり、関節の靱帯や腱、軟骨などが傷つくことで起こります。足首や指などに多くみられ、突き指も捻挫の一種です。

関節部分の血管が傷ついて内出血を起こすとその部分が腫れ、炎症や傷などの刺激によって発痛物質が作られて痛みが起こります。腫れや痛みがなかなかひかない場合や、関節がグラグラしているときなどは、骨折や靱帯断裂の場合もありますので、医療機関での診療をおすすめいたします。

捻挫は、靱帯の傷つき具合によって、以下のような3つのレベルに分けられます。

■捻挫のレベル状態

1度 痛みも腫れも軽く、靱帯の微細損傷や軽度の圧痛があるが、ちょっとひねった程度の状態
2度 靱帯の一部断裂で圧痛や腫脹が強く、歩けるが走れない状態
3度 靱帯の完全断裂で圧痛や腫脹、熱感、皮下出血が強く、自分で歩くのがやっとの状態

また、ひねったときの力のかかり具合によって、靱帯だけでなく筋肉や腱が傷ついたり、靱帯に強く引っ張られることで、骨の一部がはがれるはく離骨折を起こすこともあります。さらに、骨が強く押されて圧迫骨折したり、関節軟骨がへこんだりすることもあります。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

何よりもまずはアイシングです。炎症が起きていて腫れているなら尚更です。そして固定です。しっかりとした固定をしないと関節の不安定感が残り繰り返し捻挫をします。いわゆるクセになりやすいということです。マッサージなどで筋肉の緊張を緩めていき、またテーピングを施すことで、痛みの改善につながります。

また、捻挫が治った後の関節は固くなってしまい可動域が悪くなり、また捻挫しやすくなってしまうため、捻挫が治った後の固くなった関節をゆるめて捻挫が再発しないように施術いたします。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です