【アキレス腱炎】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか

  • アキレス腱を押したりつまんだりすると、痛い部分がある
  • 朝起きて歩くときや、長時間座っていて歩くときの動き始めが痛い
  • 長引くアキレス腱の痛みがあるが、どのようにして治してよいか分からない
  • アキレス腱の痛みのため、インソールを入れているが痛みが改善しない
  • 整形外科や整骨院、整体院などに通ったが、一向に良くならない
  • アイシングなどのケアをしているが、アキレス腱の痛みが治まらない
  • アキレス腱断裂をして、現在はリハビリ中である
  • アキレス腱部に痛みがあり、しばらく安静にしているが一向に良くならない
  • アキレス腱炎で仕事や部活に支障をきたしている

ふくらはぎの筋肉の腱に相当するアキレス腱に炎症が生じた状態を指します。 長時間のウォーキングなどで、アキレス腱に対して運動負荷が繰り返しかかることが原因となります。 アキレス腱炎では、かかとに痛みや圧痛が生じます。 また、アキレス腱周囲に腫れや熱感などを伴います。

運動をしているときや座っていて歩き始めるときに、ふくらはぎからかかとのあたりにかけて痛みを感じることがあります。ほかにも、アキレス腱を軽く触ると、痛みを感じる以外に腫れていることがあります。

特に長い時間、長い距離、繰り返し足首の曲げ伸ばしの動きを行うことでアキレス腱への負荷がかかりやすいスポーツをする方に発生しやすく、マラソンなどの長距離ランナーやバスケットボール、バレーボール、サッカー、スキー、スノーボード、水泳、自転車、エアロビクス、ダンス、バレエ、山登り、トライアスロンなどをする方々に多く見受けられます。

初期症状としては、運動時にも痛みは発生せず、アキレス腱を挟むようにつまむと痛みがでます。日常生活にも支障がありませんが、運動をすると徐々に痛みが出るようになります。その後、階段昇降などでアキレス腱が伸びるような姿勢で痛みが出るようになります。朝起きて歩くときや、長時間座っていて歩くときの動き始めに痛みが起こるようになり、やがて歩いていても痛い、走ろうとすると痛くて走れないという症状に徐々に悪化し、日常生活に不自由が生じるようになります。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

マッサージなどで筋肉の緊張を緩めていき、またテーピングを施すことで、痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です