【リトルリーガーズショルダー】でお悩みはありませんか?

リトルリーガーズショルダーとは、少年野球の選手に多くみられる肩のスポーツ障害で、上腕骨の近位骨端成長軟骨板の炎症あるいは損傷です。リトルリーガー肩、リトルリーグ肩、少年野球肩とも言われます。

上腕骨(上腕の骨)のように長い骨を長管骨と呼びますが、成長期の子供には長管骨の骨端(骨の両端、骨端線)は軟骨でできており、成長とともに骨化が進みます。つまり、成長期の子どもの上腕骨においては、骨端に骨化前の軟骨が存在します。

投球動作で腕を強く振ると、フォロースルーにおいて上腕骨近位(頭に近い側)の骨端成長軟骨板に強い力がかかり、炎症あるいは損傷が発生します。


まずは、肩周りの筋肉をほぐし、ゆるめていいきます。徐々に運動療法なども含めて施術をしていくことで、痛みの改善につながります。

さらに、成長期の子供は姿勢も悪くなりがちだと思います。身体の柔らかい時期に早期の施術によって身体のバランスを整えることも大切です。

子供のケガ、体の不調(姿勢、痛み)、などお気軽にご相談ください。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です