【シンスプリント】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • アイシングをしているが症状が改善しない
  • 日常活動に支障はないがスポーツ、運動中、常にスネの内側が痛む
  • スネの内側の痛みで運動、歩くのも困難な状態になってしまっている
  • ハードな運動をし始めてからスネの内側の痛みがある
  • スネの骨がミシミシきしむような感じがする

下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生する症状です。 骨折した時のような激しい痛みではなく、鈍痛なのが特徴です。 また、脛骨過労性骨膜炎ともいわれます。

症状初期は運動時に、すねの辺りに不快感や軽い鈍痛を感じることから始まります。継続的なものではなく、時折起きる程度であるため、当初は本人ですら大したものではないと思うようです。本人は、最初に骨の痛みのようなものを感じますが、実際に痛みの元は、骨を覆っている骨膜が炎症を起こしているものです。

運動に関する次の事象が原因だといわれています。

  • 悪いランニングフォーム
  • 足に合わない、クッション性のないシューズ
  • コンクリートでの走り込みやトレーニング
  • 筋肉の酷使
  • 筋力不足、柔軟性不足
  • 扁平足、回内足
  • 横脚

痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。またテーピング固定を施すことで、痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です