【足のむくみ】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 夕方になると足がパンパンにむくむ
  • ストレッチや運動をしているが足のむくみが改善されない
  • むくみがひどくて眠れない時がある
  • 足をマッサージをしてもむくみがとれない
  • むくみで、ひどくなると痛みを伴うこともある。

むくみとは余分な体液が溜まり、指で押すとへこんだようになったり、いつもよりも腫れぼったくなったように感じられる状態です。

  • 夕方になると足がむくんで辛い
  • 最近足がむくみやすいし、なんだか疲れやすい気がする…
  • 靴がきつく感じるくらい足がむくんでよくならない

■足のむくみを起こす注意の必要な病気

病気が原因で足がむくんでいることもあります。足のむくみの原因となる、主な病気のうち、早期の治療を必要とするなど注意の必要な病気には以下のようなものがあります。

・深部静脈血栓症

深部静脈血栓症は、長時間同じ姿勢でいることで足の静脈に血の塊(血栓)ができる病気です。むくみ、ずきずきとした痛み、脚が片方だけ腫れるなどの症状が主です。血栓がはがれ、血流にのって肺や脳などの血管につまると命に関わることもあるため注意が必要です。

・心不全

心不全は、全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が様々な原因により低下している状態です。主な症状としては、足のむくみ、疲れやすい、歩くなどのちょっとした動作で息切れがする、呼吸が苦しいなどがあげられます。足がむくむだけでなく、呼吸が苦しい、心臓の病気をした事があるなどの場合には早めに受診しましょう。

・腎不全・肝不全

腎不全は、様々な原因で腎臓の機能が低下し、本来尿として排泄されるべき不要な水分や老廃物などが体に溜まってしまう状態です。主な症状は、全身のむくみ、吐き気、食欲不振、高血圧などで、重症になるとけいれんや意識障害を起こすこともあります。肝不全は、肝炎ウイルスへの感染やアルコールの多飲など、長期に渡って肝臓がダメージを受ける事で肝臓の働きが悪くなってしまった状態です。初期には自覚症状が薄い事も多いですが、むくみや白目や皮膚が黄色くなる黄疸、体のだるさなどが現れる事があります。

・甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺の機能が低下する事で「やる気ホルモン」とも呼ばれる甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。主な症状には、むくみ、体がだるくなる、疲れやすい、体重増加、気分の落ち込みなどがあります。

・蜂窩織炎(ほうかしきえん)

蜂窩織炎とは、皮膚の深い部分から、皮下脂肪のある比較的浅い部分にかけて細菌が感染する病気です。いわゆる水分が過剰になって起こるむくみとは異なりますが、手や足が腫れるためむくんでいるように感じられる場合もあります。主な症状には、皮膚が赤くなる、腫れる、熱を持つ、痛みなどがあげられます。場合によっては発熱など全身の症状を伴う事もあります。

■足のむくみを起こすその他の原因

・月経前症候群

月経前症候群とは、月経の3~10日前から現れる心身の不快な症状のことです。月経の開始とともに症状が消えることがほとんどです。精神的な症状は、イライラ、眠気、不眠、集中力の低下、憂鬱、不安感、情緒不安定などがあげられます。身体的な症状は、下腹部の痛みや張り、乳房の張りや痛み、頭痛、腰痛、肩こり顔や手足のむくみなどが挙げられます。

・薬の副作用

薬の副作用のひとつとして足のむくみが現れることがあります。飲んだことのない薬・新しく処方された薬を飲み始めた時に足のむくみが現れた時には、まず処方された医療機関で相談しましょう。

・リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、リンパ管の機能が低下して腕や足にむくみが出る状態です。感染や、生まれつきなど様々な原因で起こりますが、多くは手術やがんの放射線治療後などに起こる事が多いといわれています


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です