【股関節の痛み】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 歩くと、股関節の違和感や痛みがでる
  • 股関節がつまった感じがする
  • 股関節の痛みで靴下が履きづらい
  • 足の長さに左右差があるように感じる
  • 足を開く動きが辛く、あぐらをかきづらい
  • 長時間の歩行や運動後などに重だるい感じや痛みを感じる
  • 股関節の動きが悪くなり、歩幅が狭くなったり、膝が上がらずつまずく
  • 股関節からポキポキ・グキグキと音がする

■股関節の構造

股関節は、大腿骨の先端にあるボールの形をした大腿骨骨頭と、骨盤側で骨頭の受け皿になる深いお椀の形をした臼蓋との組み合わせでできた、いわゆる球関節です。正常な股関節では、寛骨臼が骨頭の約4/5を包み込むことで関節を安定させています。股関節には、普通に歩くだけでも体重の3~4倍の力がかかるといわれています。この力を支えられるよう、股関節は筋肉や腱などで全体を覆われており、安定性を保ったままいろいろな方向に動かすことができます。

股関節の機能を正常に維持するためには、関節の骨に負担をかけすぎないようにしながらも、まわりの筋肉を常に鍛えておくことが非常に大切です。

股関節を動かす筋肉というのは、骨盤周りから太ももの骨にまたがってついているものがほとんどです。身体のバランスをとったり、歩行をしやすくしているのも股関節を動かす筋肉によるものです。そのため骨盤から太ももというのは負担がかかりやすくなっています。お尻や腰の筋肉、太ももの筋肉がその毎日の負担により緊張してしまい、痛みがでたり、動きが悪くなってしまったりするのです。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

股関節に痛みを出している・動きを制限している骨盤周りやお尻の筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。

また、ストレッチを行なうことで関節可動域を広げてまいります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です