【ぎっくり腰】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 今まで何もなかったのに、急に腰に激痛が走り辛い
  • 重いものを持った瞬間、腰に激痛が走り、それから身体を動かせない
  • 腰が急に痛くなり靴下をはく事も辛く出来ない
  • 腰にピキッと痛みが走り、まっすぐに立つのも歩くのも困難
  • ぎっくり腰を繰り返しているので、治したい
  • ぎっくり腰になって数日経過しているが、みが残るし動くのも怖い

重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまう。そんな恐ろしいぎっくり腰、正式には急性腰痛と言います。

読んで字の如く急激に発症した腰痛を指し、欧米ではその激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれます。

多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので要注意です。

イギリスの医学誌に掲載された研究に、ぎっくり腰をした患者さんを、

  1. 「ベッドでの安静」
  2. 「治療家による施術を受ける」
  3. 「できる限り通常の日常生活を過ごす」

という3グループに分けて経過を追ったものがあります。

その結果、3.の「できる限り通常の日常生活を過ごす」よう心掛けたグループが最も回復が早く、1.の「ベッドでの安静」を行ったグループが最も回復が遅かったという意外な結果となりました。

他の研究を見ても、動けないほどの激痛である場合を除き、安静にしていることは症状を長引かせることがほとんどのようです。

ぎっくり腰の早期回復には普段通りの生活を心掛ける必要があります。楽になるようなら湿布や痛み止めなどを使っても構いませんし、痛みを我慢している必要はありませんがストレッチなどを行うのも悪くはないでしょう。温めたり冷やしたりは、より楽になる方を選んでいただければ間違いありません。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です