【足がつる・こむら返り】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 夜中寝ているときに、足がつって目が覚める
  • 運動していると足がつってしまう
  • よく足がつるので自分でできる対処法を知りたい
  • 足に負担をかけていないのにこむら返りが起こる
  • 足がつるのではないかと不安

「足がつる」という症状は、足の筋肉が急に収縮・痙攣し、強い痛みを伴うものをいいます。別名「こむら返り」ともいいます。

主にふくらはぎ(腓腹筋)に起こりやすいですが、足の指や土踏まず、足のすねがつることもあります。

こむら返りは、ふくらはぎの筋肉が急に収縮してけいれんすることを指します。寝がえりを打つときなどに発生しやすいのはそのためです。こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎのこと。その名のとおり、多くの場合はふくらはぎがつりますが、足の指や足の裏(土踏まず)がつる人もいます。

こむら返りになる原因は、はっきり解明されていませんが、冷えやミネラル不足、筋肉の疲労、運動不足などが挙げられるほか、女性は妊娠中にもよく起こります。寝ているときによく足がつる人で、膝の裏などの血管の凸凹が目立つ場合は、下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)の可能性も考えられ、足のむくみが関係していることもあります。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。
周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です