【産後の骨盤矯正】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 産後に、腰痛などの痛みを感じる
  • 産後から恥骨らへんにの痛みがある
  • 出産前に比べ、体形が崩れて気になる
  • 出産後も体重が変わらない、戻りづらい
  • 生理痛がひどくなったような感じがする
  • 子育てで追われ、どうして良いかわからない
  • 毎日の授乳で肩こり、背中の痛みがひどい
  • 出産後から身体の体調が優れない

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正はまったく異なるものです。

通常の骨盤矯正は日常の姿勢や運動不足、内臓疲労、ストレス、体の癖などからくる骨盤のゆがみを本来あるべき定位置にもどす矯正になります。

それに対して、産後の骨盤矯正は、妊娠で開いた骨盤をもとの位置に正す矯正です。

妊娠5〜6か月くらいになると子宮が骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めていきます。

その後、出産時の陣痛が始まると、胎盤の靭帯が弛緩し骨盤下部が大きく広がり、赤ちゃんが産道を通りやすくします。そのため帝王切開で出産した場合、骨盤上部だけが広がり、自然に出産した場合ならば骨盤上部、下部の両方が広がります。この出産の後に開いた骨盤を元に戻します。

出産と骨盤の移動は切っても切り離せない存在にあります。

通常ならば骨盤は引き締まった逆三角形をしています。出産の準備に入ると骨盤そして周りの恥骨は赤ちゃんが産道を通りやすいように、下部が広がってちょうど四角形のようになります。出産が終わった後は本来の位置へ戻そうと体が働きかけます。

しかし、骨盤が広がりきってしまったり、元に戻すための筋肉が足りない、もともとの歪みなどが原因で本来の位置に戻すことができない人がほとんどです。

骨盤の広がったままだと、上にあった内臓が垂れて落ちてきてしまいます。下がってきた内臓は本来の機能を低下させてしまい、結果として代謝が落ちて太りやすい体になってしまいます。

内臓が落ちてくることによりポッコリお腹に見えてしまいますし、全身のむくみや腰痛、肩こりなど体中に悪影響を引き起こす危険性があります。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です