【膝(ひざ)の痛み】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 膝に水が溜まりやすくなっている
  • 膝のだるさ、不快感を感じる
  • 安静時でも痛む
  • 膝がこわばって動かしづらい
  • 膝がズレる、外れる、抜けるといった感じがする

膝の痛みは、高齢者や肥満体型の人によくみられる症状といわれています。中でも痛みが強い場合や腫れが伴っている場合、長く続いている場合などには注意が必要なこともあります。

■変形性膝関節症

変形性膝関節症は、膝の関節軟骨がすり減ることによって膝に強い痛みが現れる病気です。

膝を動かした時に膝に強い痛みが現れるほか、炎症によって膝に水がたまることもあります。

■関節リウマチ

関節リウマチは、関節包の内面を覆う滑膜というものに炎症が起きる病気です。

手首や手指の関節に起こることが多いものの、膝にもよく起こります。また、ほとんどの場合一つの関節にとどまらず、複数の関節かつ左右同時にみられます。

関節の痛みや腫れ、朝に起きるこわばりなどの関節の症状が主として現れますが、微熱や倦怠感、貧血などの全身症状を伴うこともあります。

■膝関節靭帯損傷

膝関節の中にある靭帯が切れてしまった状態です。

特に膝前十字靭帯損傷では、受傷時にブチッ・バキッという鈍い音とともに、直後よりズキズキした痛みを自覚し、その後に徐々に腫れがみられるのが一般的です。痛み以外の症状として、踏ん張った際に膝がガクっとする感じやグラグラとした感覚もよくみられます。

■腸脛靭帯炎

腸脛靭帯とは、膝の外側にある筋肉の端の部分で、正確には靭帯ではありません。しかしながら、同部に炎症が起こるものを腸脛靭帯炎と呼んでいます。

腸脛靭帯炎では、炎症による膝の外側のズキズキした痛みが特徴的な症状です。特に、成長期のスポーツ障害の代表的なものでもあります。足を地面についた時に痛みが起こることが多く、炎症がひどくなれば痛みで歩くのが困難になることもあります。

■特発性膝関節血症

特発性膝関節血症とは、何らかの原因で膝の滑膜や半月板の血管が切れて出血を起こし、血液が膝の内部に溜まる状態のことをいいます。高血圧の人、特に高齢者に多いと言われ、膝関節内に血液が溜まって腫れたり、痛みを感じたりします。

■半月板損傷

半月板損傷とは、膝関節のクッションの役割を担う半月板が損傷する病気です。

半月板が損傷すると、膝を曲げたり伸ばしたりした時に痛みやひっかかりを感じるようになります。ひどい場合には、膝に水が溜まって腫れることもあります。

■オスグッド病

オスグッド病とは、スポーツなどによって膝の脛骨粗面の骨端線という部分に障害がおこり、進行するとこの部分が剥がれるものです。10歳〜15歳の成長期の子供によくみられます。

膝の前下部に痛みが生じ、痛みは運動時に現れて安静時になくなるのが一般的です。時には腫れや熱を持つこともあります。

■骨のがん

骨のがんには、臓器に発生したがんが骨に転移する転移性骨腫瘍や、骨を起源として発生する骨肉腫などの原発性骨腫瘍がありますが、このような病気でも膝に痛みが生じることがあります。

いずれも発生部位やその周辺に痛みや腫れが主として現れますが、膝の障害とは違い、運動など何もしていなくても痛みや腫れが生じ、それが長く続くことが多いとされています。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です