【手の腱鞘炎】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 手をつくと強い痛みがあり、生活が不便
  • 指を曲げると、曲がったまま伸びづらくなることがある
  • 腱鞘炎の痛みがひどくて家事もできない
  • 腱鞘炎で湿布やサポーターをしているが改善されない
  • 腱鞘炎で手術をすすめられているが抵抗がある

腱鞘炎とは、手や指の腱が炎症により痛みや運動障害が起きることをいいます。
腱鞘炎はもともと家事仕事やスポーツを行うことで発症してきた手や指の疾患でした。近年では、会社での事務作業、特にパソコンをよく使う仕事など手を使用する方に多くみられます。さらに最近は、スマホやタブレットなどで指を多く使うようになっているため、手の腱鞘炎は増加している疾患の一つです。

また、産後のお母さんにも起こりやすく、ホルモンバランスの乱れや育児で手を多く使うことも原因と言われます。

症状の進行は、次の症状が現れます。

『初期症状』

  • 患部に熱感を感じる
  • 手をつくと手首が軽く痛む
  • 重いものを持つと、手が痛い

    『中期症状』

  • 手首の熱感以外にも腫れを感じる
  • 手首の痛みで物を持ったり、手をつくことができない
  • 指先まで響くような痛みがある

『後期症状』

  • 手に夜間痛を感じ寝ていてもズキズキ痛む
  • サポーターやテーピングなどで固定をしないと何にもできない
  • 患部の腱を押さえると激痛
  • 指を動かすのが、ぎこちない動きで痛みも伴う

また、腱鞘炎には、代表的な病名が二つあります。

・ドケルバン病(ドケルバン腱鞘炎)
→手首の親指側の腱が炎症を起こし腫れや痛みを起こす。

・弾発指(バネ指)
→指を曲げるための腱に炎症が起こり、最初は、痛み、熱感、腫れなどを感じます。

症状が進行すると指の曲げ伸ばしに抵抗を感じるようになり、バネのようなぎこちない動きになります。

いずれにしても、腱鞘炎はもと通りになるまでに時間が掛かります。
まずは、日常生活やお仕事中に手や指に異常を感じたら、お近くの病院などで検査していただくことをお薦めしております。
異常のある患部をご自身でマッサージすることは、症状を悪化させる恐れもありますので無理に刺激しないでください。


前腕の筋肉をほぐし、腕全体の筋をバランスよくゆるめていきます。
また、体のバランスも一緒に整えていきましょう。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です