【野球肘・テニス肘・ゴルフ肘】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 肘の痛みで野球、テニス、ゴルフができない
  • 肘の曲げ伸ばしに左右差を感じる事ある
  • 激しく運動をしている訳ではないのに肘に強い痛みがでる
  • 肘の痛みを改善してくれるところを探している
  • タオルや雑巾を絞れないくらい肘が痛い

野球肘、テニス肘、ゴルフ肘とは、本来テニスなどのラケットを使うスポーツに多くみられるスポーツ障害です。
肘付近の筋肉の炎症によって『上腕骨外側上顆炎』や『上腕骨内側上顆炎』という症状が発生します。
上記をまとめて一般的には『野球肘』『テニス肘』『ゴルフ肘』と呼ばれ、外側と内側の2つの型に分類されます。

注意してほしいのはスポーツの現場だけでなく、手首を使う職業や、重いものを持つ職種でもテニス肘で苦しんでいる方々はたくさんいます。
近年パソコンのキーボード、マウスやスマートフォンなどが普及し、多くの人が手首を酷使するようになったため、誰もがかかる病気となっています。
テニス肘の症状はものをつかんで持ち上げた時や、タオルをしぼる動作など、手に力を入れるような場合に肘や前腕付近にかけて痛みを感じ、安静時には痛みがないことが多いです。

ゆえに痛みがないことで油断して手を酷使してしますと悪化して、握力の低下、肘の曲げ伸ばしなどが困難になり、日常生活に支障をきたす恐れがあります。


前腕筋から上腕部の筋肉のほぐし、ストレッチなどを行い過度に緊張している筋肉を緩めることによって痛みを改善させていきます。

また、腕だけではなく上半身の筋も処置していくことにより体のバランスを整え患部の痛みを良好にしていきます。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行っていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です