美容という観点からの【エステ】と【整体】の違い?

整体のうち「美容整体」といわれる分野と「エステ」とは、どちらも美容を提供するものです。しかしながら、同じ美容という目的にも関わらず、それぞれの特徴や特性が違うということから2つの業態はどちらも共存しています。

そうした違いについて、業界の現場から比較検討してみました。

■エステ=表皮・皮下組織に強い

  • エステは、皮膚や皮下組織に対するアプローチをもって、主に身体の見た目に特化して美容効果を実現
  • 効果については、最新の美容設備や最新の施術技術を提供できるかどうかで変動
  • 美容という観点からの業態であるため、比較的高額

■整体=筋肉・骨格に強い

  • 整体は、骨格や筋肉、関節に対するアプローチをもって、主に身体そのものの歪みなどの根本改善による美容効果を実現
  • 効果については、施術者による専門知識や経験など、伝統的な手法を施術として提供できるかどうかで変動
  • 治療、健康という観点からの業態であるため、比較的安価(整骨院などは保険適用)

正直、パッと見の美しさ、いわいる『インスタ映え』などの観点からしますと、「整体」は「エステ」に見劣りするかも知れません。

また、「整体」で出来ることが「エステ」で出来ないことがあるように、「エステ」で出来ることが「整体」で出来ないこともあり、美容の目的に応じた業態を選択することが賢明であると考えます。

しかしながら、想像してください。もしも「肌がツヤツヤになっても、骨格が歪んでおり姿勢が悪かったとしたら?」、「美人なのに猫背でおしい人!」…。不健康で長寿だったとして「健康であってこその美貌なのではないか?」などなど、表面的な美容よりも根本的な美容を目指し、美容と健康を一緒に目指す当院からしますと、メンテナンスは「整体」、ゆとりが出来ている場合には「エステ」という利用方法を提唱しております。

【足のむくみ】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 夕方になると足がパンパンにむくむ
  • ストレッチや運動をしているが足のむくみが改善されない
  • むくみがひどくて眠れない時がある
  • 足をマッサージをしてもむくみがとれない
  • むくみで、ひどくなると痛みを伴うこともある。

むくみとは余分な体液が溜まり、指で押すとへこんだようになったり、いつもよりも腫れぼったくなったように感じられる状態です。

  • 夕方になると足がむくんで辛い
  • 最近足がむくみやすいし、なんだか疲れやすい気がする…
  • 靴がきつく感じるくらい足がむくんでよくならない

■足のむくみを起こす注意の必要な病気

病気が原因で足がむくんでいることもあります。足のむくみの原因となる、主な病気のうち、早期の治療を必要とするなど注意の必要な病気には以下のようなものがあります。

・深部静脈血栓症

深部静脈血栓症は、長時間同じ姿勢でいることで足の静脈に血の塊(血栓)ができる病気です。むくみ、ずきずきとした痛み、脚が片方だけ腫れるなどの症状が主です。血栓がはがれ、血流にのって肺や脳などの血管につまると命に関わることもあるため注意が必要です。

・心不全

心不全は、全身に血液を送り出す心臓のポンプ機能が様々な原因により低下している状態です。主な症状としては、足のむくみ、疲れやすい、歩くなどのちょっとした動作で息切れがする、呼吸が苦しいなどがあげられます。足がむくむだけでなく、呼吸が苦しい、心臓の病気をした事があるなどの場合には早めに受診しましょう。

・腎不全・肝不全

腎不全は、様々な原因で腎臓の機能が低下し、本来尿として排泄されるべき不要な水分や老廃物などが体に溜まってしまう状態です。主な症状は、全身のむくみ、吐き気、食欲不振、高血圧などで、重症になるとけいれんや意識障害を起こすこともあります。肝不全は、肝炎ウイルスへの感染やアルコールの多飲など、長期に渡って肝臓がダメージを受ける事で肝臓の働きが悪くなってしまった状態です。初期には自覚症状が薄い事も多いですが、むくみや白目や皮膚が黄色くなる黄疸、体のだるさなどが現れる事があります。

・甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症は、甲状腺の機能が低下する事で「やる気ホルモン」とも呼ばれる甲状腺ホルモンの分泌量が低下する病気です。主な症状には、むくみ、体がだるくなる、疲れやすい、体重増加、気分の落ち込みなどがあります。

・蜂窩織炎(ほうかしきえん)

蜂窩織炎とは、皮膚の深い部分から、皮下脂肪のある比較的浅い部分にかけて細菌が感染する病気です。いわゆる水分が過剰になって起こるむくみとは異なりますが、手や足が腫れるためむくんでいるように感じられる場合もあります。主な症状には、皮膚が赤くなる、腫れる、熱を持つ、痛みなどがあげられます。場合によっては発熱など全身の症状を伴う事もあります。

■足のむくみを起こすその他の原因

・月経前症候群

月経前症候群とは、月経の3~10日前から現れる心身の不快な症状のことです。月経の開始とともに症状が消えることがほとんどです。精神的な症状は、イライラ、眠気、不眠、集中力の低下、憂鬱、不安感、情緒不安定などがあげられます。身体的な症状は、下腹部の痛みや張り、乳房の張りや痛み、頭痛、腰痛、肩こり顔や手足のむくみなどが挙げられます。

・薬の副作用

薬の副作用のひとつとして足のむくみが現れることがあります。飲んだことのない薬・新しく処方された薬を飲み始めた時に足のむくみが現れた時には、まず処方された医療機関で相談しましょう。

・リンパ浮腫

リンパ浮腫とは、リンパ管の機能が低下して腕や足にむくみが出る状態です。感染や、生まれつきなど様々な原因で起こりますが、多くは手術やがんの放射線治療後などに起こる事が多いといわれています


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。

【骨盤矯正】がキレイを作る根拠?

美容やダイエット特集で話題になることの多い「骨盤」という単語。
女性の美という観点から、骨盤矯正で期待される効果を考えてみましょう。


【正しい骨盤の7大メリット】

1.おなかがすっきり

広がってしまった骨盤内に、胃や腸などの内臓が落ち込んでしまうことがあります。本来の位置に戻るだけでも、スタイルは改善されます。

2.脚のラインがキレイに!

骨盤が広がることで、骨盤につながる大腿骨も広がってしまい、O脚になってしまいます。骨盤を矯正し、大腿骨の角度が内向きになれば、膝がくっつくことで美脚になります。

3.ヒップラインが上がる!

O脚の方は、後ろに重心がかかり、自ずとお尻まで下がります。また、骨盤が広がっていると、お尻自体が広がってしまいます。骨盤を矯正することで、上向き、小尻効果が見込まれます。

4.お肌もツヤツヤ

骨盤が正常化すると、大腸の働きも正常化して活発になります。老廃物のデトックスにより、肌の調子も改善が見込まれます。また、恥骨の歪みが正常化されると、ホルモンバランスも改善され、吹き出物なども減少するといわれます。

なお、筋肉は基礎代謝の30~40%を占めていますが、当院メニューの筋肉調整により、基礎代謝が上がることで、肌の新陳代謝にも効果が見込まれます。

5.ぐっすり快眠

骨盤矯正により、仙骨、腰椎が改善されて背筋が伸びると、寝つきが良くなり、短期間でも熟睡できるようになるといわれます。

6.冷えやむくみの解消!

骨盤が歪んでいることで、腸が落ち込み、正しく機能していないことがあり得ます。冷えは、腸の垂れによって背中の太い血管が圧迫され、血流が悪化することが原因の1つです。また、腸にたまった老廃物が血管に吸収され、血流とともに全身に運ばれると、むくみや肌荒れなど、さまざまな不調となって現れます。これらを骨盤矯正で改善に導きます。

7.生理痛もラクに!

落ち込んだ内臓は、うっ血した状態です。また、月経中は子宮内の血液量が増加するので、痛みが増す場合があります。骨盤矯正で血流がスムーズになることで、生理痛も軽くなることが考えられます。

参考:“キレイの素はすべて骨盤にありました。”「anan」2012.6.13 No.1810 p28


いかがでしたでしょうか?
骨盤矯正は、「健康」だけでなく「美容」にも効果が見込まれることが分かりますね!

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。
ご相談は無料です。まずはご相談を!

【産後の骨盤矯正】でお悩みはありませんか?

このような症状でお悩みではありませんか?

  • 産後に、腰痛などの痛みを感じる
  • 産後から恥骨らへんにの痛みがある
  • 出産前に比べ、体形が崩れて気になる
  • 出産後も体重が変わらない、戻りづらい
  • 生理痛がひどくなったような感じがする
  • 子育てで追われ、どうして良いかわからない
  • 毎日の授乳で肩こり、背中の痛みがひどい
  • 出産後から身体の体調が優れない

通常の骨盤矯正と産後の骨盤矯正はまったく異なるものです。

通常の骨盤矯正は日常の姿勢や運動不足、内臓疲労、ストレス、体の癖などからくる骨盤のゆがみを本来あるべき定位置にもどす矯正になります。

それに対して、産後の骨盤矯正は、妊娠で開いた骨盤をもとの位置に正す矯正です。

妊娠5〜6か月くらいになると子宮が骨盤から大きくせり出し、骨盤内部の圧力が高まり、骨盤上部が徐々に開き始めていきます。

その後、出産時の陣痛が始まると、胎盤の靭帯が弛緩し骨盤下部が大きく広がり、赤ちゃんが産道を通りやすくします。そのため帝王切開で出産した場合、骨盤上部だけが広がり、自然に出産した場合ならば骨盤上部、下部の両方が広がります。この出産の後に開いた骨盤を元に戻します。

出産と骨盤の移動は切っても切り離せない存在にあります。

通常ならば骨盤は引き締まった逆三角形をしています。出産の準備に入ると骨盤そして周りの恥骨は赤ちゃんが産道を通りやすいように、下部が広がってちょうど四角形のようになります。出産が終わった後は本来の位置へ戻そうと体が働きかけます。

しかし、骨盤が広がりきってしまったり、元に戻すための筋肉が足りない、もともとの歪みなどが原因で本来の位置に戻すことができない人がほとんどです。

骨盤の広がったままだと、上にあった内臓が垂れて落ちてきてしまいます。下がってきた内臓は本来の機能を低下させてしまい、結果として代謝が落ちて太りやすい体になってしまいます。

内臓が落ちてくることによりポッコリお腹に見えてしまいますし、全身のむくみや腰痛、肩こりなど体中に悪影響を引き起こす危険性があります。


痛みの強い場所をいきなりとグイグイ揉むことはありません。また、必ずしも痛いところが悪いわけではありません。

周りの筋肉をほぐし、ゆるめていくことで痛みの改善につながります。


もう大丈夫です。安心してください!
あなたと同じ症状で悩み、苦しんでいた方々が
当院の施術、処置で症状が改善、解消されています。

当院では患者様の状態を把握し、それに合った処置、施術を行ってまいります。